二つ折リーフレットデザイン アトリエノア高松万沙子作品展 ホテルグランドティアラ春日井

二つ折リーフレットデザイン アトリエノア高松万沙子作品展 ホテルグランドティアラ春日井

フラワーデザイン教室 作品展 二つ折リーフレット デザイン

JPAアトリエノア高松万沙子先生の新作アーティフィシャルフラワー作品展

フラワーデザイン教室 作品展 二つ折リーフレット デザイン

JPA アトリエノア 高松万沙子先生のアーティフィシャルフラワー作品展の
冊子リーフレットとB3ポスターパネルを制作させていただきました。

2015年12月5日(土)、6日(日)、7日(月)
会場:ホテルグランドティアラ春日井 新館2F ウィステリア
時間:10:00~16:00
料金:入場無料

愛知県春日井市東野新町2-4-5
JR春日井駅よりタクシーにて約7分

アンティークの絵画の中から取出したようなとても素晴らしい作品群です。

枯れゆくような美しさも秘めた大好きな雰囲気です。
皆様も是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

フラワーデザイン教室 作品展ポスターデザイン

■ フラワーデザイナー 高松万沙子
花の総合デザインスタジオ「アトリエノア」 http://www.a-noah.jp/

受 賞 歴
日本フラワーデザインコンテストにて労働大臣賞受賞95
日本フラワーデザインコンテストにて銀賞受賞93
第1回ジャパンフラワーフェスティバル銅賞受賞
愛知フラワーフェスティバル金賞受賞、その他受賞多数

経 歴
1984年日本フラワーデザイナー協会講師資格取得後、日本国内の勉強のみならず海外にて世界のトップデザイナーに師事。
フラワー専門学校の講師、ホテルウェディングのブーケ製作、生花店のチーフデザイナーの経験を生かし、花の総合デザインスタジオ「アトリエノア」を主催しフラワーデザイナーの養成、指導、自立のバックアップに力を入れ幅広く活動中。

資 格
NFD(日本フラワーデザイナー協会)名誉本部講師
NFD(日本フラワーデザイナー協会)試験審査員
NFD(日本フラワーデザイナー協会)公認校
   (ユリフラワーデザインスクール高松万沙子教室)
JPA(ジャパンプリザーブドフラワーアカデミー)代表理事
フラワー装飾職業訓練指導員、国家検定1級フラワー装飾技能士
中日文化センター講師、全日本ブライダルコンサルタント1級
カットフラワーアドバイザー

・「日本フラワーデザイン大賞2004」に日本のトップフラワーデザイナーとし て作品出展
・2004年2月「プリザーブドフラワーベストウェディング」出版
プリザーブドフラワーの会場装花、ブーケ、ギフトなど200点以上を掲載


季刊ベストフラワーアレンジメント 冬号2015年11月16日掲載
■ 10代の頃から、いけ花を習い20代に入ってフラワーデザインを学び始めました。従姉妹が生花店に嫁いだ事がきっかけで、お店のお手伝いが出来る様になればと、アレンジブーケを習い始めました。アレンジメントフラワーが生花店に並び始めた頃でしたので、めずらしさもあり店先に並べるとすぐ売れてしまう時代でした。ウェディングブーケも1人のお嫁さんが2~3個持つ時代で、まだブライディーがなくワイヤリングブーケで製作していましたので、夜中の仕事で大変でしたが楽しく忙しく仕事をしていました。より素敵な作品をと忙しい中でも勉強に出かけました。その甲斐あってか県内のコンテストで多数入賞しておりました。1993年にトップフラワーデザイナーの登竜門である「日本フラワーデザイン大賞」で銀賞。1995年には念願のアレンジメント部門第1位で労働大臣賞を受賞する事ができ、トップデザイナーの仲間入りする事ができました。あれから20年、受賞後も国内のレッスンにとどまらず、海外のトップデザイナーの指導を受け続けております。13年前にはブームになり始めたプリザーブドフラワーのスクール「ジャパンプリザーブドフラワーアカデミー」の訳である「JPA」を3人の仲間の先生方と一緒にたちあげ、本も出版しました。現在は3本に別れ「JPAアトリエノア」の代表理事として活動しています。また、ブームになりそうなアーティフィシャルフラワーはとても今日の時代にふさわしい花材だと思います。今日のアーティフィシャルフラワーはとても魅力的な色や形があります。生花より生花らしい物もあれば、生花にはない色もあります。すぐに散ってしまう花も長く咲き続けていてくれます。つぼみはじっとつぼみでいてくれます。時間が止まって1番素敵な作品のままで飾り続けられるのがアーティフィシャルフラワーの素晴らしいところだと思います。作品を作る時にこの良い点を生かす事を考えて1つ1つテーマを持って製作しています。古典的な形、たとえば3角形の様な幾何形体はシンプルだけで退屈な作品になりがちですが、形の内を交差にしたり動きを出すことで生き生きとした作品になってくると思います。シンプルでモダンな作品をつくる時も生花にはない色や花、ラインのリーフを思いどおりのカーブに出来るのはとても楽しいので、しばらくは製作活動を頑張りたいと思っています。高さ150cm、小さいので30cm、現在50点位はこの他に製作したのでどこかで見ていただく機会が出来たらいいなと思っています。