見積書に記載の制作規定・約款

※重要な前提条件です。 必ずお読みいただき、ご理解くださいますようお願いいたします。

下記に同意の送信ボタンがありますのでよく読んで理解してからボタンを押して送信してください。


※ お支払いは半金前金/入稿前残金払です。または全額前払いですデータ納品は半金前金/入納品前残金払です。

 

※ 見積は、電話やメール・インターネットを利用した進行で、お客様から文字原稿・写真原稿・ラフ原稿を速やかにご提出いただき制作開始できることを仮定して、「下書作成・たたき台提出・デザイン案提出、お直し提出を含めた校正提出予定回数(新規の場合3回まで無料)を提出した工数分を基本デザイン料金として仮に概算としたものを見積もりとして提出いたします。

 

※ 校正提出回数と追加料金を減らすため、各やりとりの1度の校正提出に修正内容がまとまるように校正戻しや修正をご指示ください。ばらついた指示やあいまいな指示等も指示メール確認後、即とりかかり修正して校正メールを送ります。またはその時の他業務終了後、即取りかかり校正メールを送ります。その他の複数の業務と平行して作業を進めておりますのでご協力をお願い致します。

 

 3校以降は着手費として¥2500~/回を事後請求いたします。校正提出回数はメールタイトル「A4チラシ校正jpg1」やメール内に「校正jpg1添付いたします。ご確認ください」などと回数を表記しています。3校以降のお直し依頼に応じた校正提出について、業務の合理化の為、特にこちらから料金のご案内やお伺いを立てたりいたしませんのであらかじめご了承ください。請求は¥2500~/校正提出回数を、デザイン完了後にカウントして請求時に回数や内容、期間を考慮の上、清算して「事後請求」いたしますのであらかじめご了承ください。着手費とはまとまった1回毎の作業へ着手する際の基本料金と時間分の報酬です。同日のやりとりの連続性の中での校正提出は180413-2,180413-3という校正提出をまとめて1回と場合によってはカウントしたりしていますが、日を替えての校正提出についてはカウントいたしますのであらかじめご了承ください。

 

 新規案件の場合、校正提出予定回数3回(3校)まで無料です。(下書き作成・たたき台提出、デザイン案提出、お直し提出含む)

増刷や訂正増刷りなどの場合は、1回の校正提出までのお見積で、予測不可能な2回目以降の校正提出となった場合は、着手費として1回の校正提出につき¥2500~/回を事後請求として請求いたしますのであらかじめご了承ください。

 

※ 弊社はグラフィックデザイン専門です。企画や、文字原稿、写真素材やラフなどは、専任担当者を立て、商品や技術、サービス、企画案件に一番詳しいお客様により、前提条件や初めに伝えておくべき内容を網羅し、不要な情報を除いた出来るだけ正確な物を出来れば1度でご提出ください。(写真や素材イラストについては弊社が有している素材をご提案することも出来ますので、ご用意が場合でも制作可能ですのでご相談ください。またはディレクションしてそれらの写真や素材イラスト、図表制作も可能です。お見積もりいたしますのでご相談ください。) 

 

※ デザイン制作は長期間、複数回のやりとりによる、状況に応じてのフルオーダーの為、見積では予測できない作業、ご依頼対応、ディレクション業務が発生することがあり、追加費用が発生する場合がございます。案件を成立または改善、問題解決するためのプランニング補助やサポート、不可避なディレクション業務は、過程において発生する性質のもので完全な見積・予測は困難です。制作プロセス上の追加業務は、完成後に積算し事後請求する場合がございますのであらかじめご了承ください。

  

 ディレクション費:企画案件上の課題を改善・解決するための制作指導、コンサルティング、施策実施などの未定のディレクション業務が発生した場合、内容、回数、期間を考慮の上、請求時に清算して事後請求いたしますのであらかじめご了承ください。

 

※ 制作請負期限(プロジェクトにおける人員の拘束期間)を設定させていただいておりますので、その中で完了するようご協力くださいますようお願い致します。仮に制作請負期間を越えるような案件になる場合、¥1000/週を企画進行管理費として事後請求いたしますのであらかじめご了承ください。その際、特にこちらから料金のご案内やお伺いを立てたりせず事後請求いたしますのあらかじめご了承ください。

 

※ 他プロジェクトと業務スケジュールを平行しており、いつ終わるか分からないようなプロジェクトが発生すると先のスケジュールが立てられなくなり困りますので、 制作請負期限内の作業完了にご協力いただき、保留・中断・中止は早めにご連絡ください。お客様都合での制作請負期限延長や放置は進行管理費・週ごとの延長料金を事後請求いたしますのであらかじめご了承ください。

 

※ 入稿データ納品(フォントをアウトライン化し、写真を埋め込んだ印刷用の完全入稿データ)、画像データ、pdfデータ納品はお見積いたしますのでお気軽にご相談ください。使用している素材の権利、環境の互換性などを考慮しお断りする場合もございますのであらかじめご了承ください。オリジナルデザインデータの納品は環境の互換性の問題が生じるためお断りいたします。

 

※ 制作物の著作権(複製権、公衆送信権、貸与権、展示権、二次的著作物の利用権、譲渡権、翻案権など)は制作者が有します。必要な場合はライセンス料等が発生する場合がありますがお見積もりいたしますのでご相談ください。

 

※ 使用する素材の事前調査・選定作業・提案業務は、調査費やディレクション費が必要な場合がございます。イラスト・手書きの絵作成・撮影には、アートディレクション費・ラフ作成費・制作費・外注費がかかる場合がございます。お客様で調査・選定して原稿と一緒にまとめてご提出いただくか、予算をご用意していただければ、必要経費がかかる場合もございますが、ご希望・目的に合った素材をご提案いたしますのでおまかせください。

 

※ 出張打ち合わせは出張料金がかかります。

 

※ 制作期間1週間以下の場合、特急対応料金、営業時間外・深夜・休日対応は時間外料金が発生します。内容、回数、時間や期間を考慮の上、請求時に清算して事後請求いたしますのであらかじめご了承ください。

 

※ デザインはオーダーメイドという性格上、キャンセルはご容赦願います。万一、ディレクション、下書き作成後のキャンセルのお申し出、またはご連絡がない場合、制作料金の50%(前金分)は返金いたしません。デザイン提案後のキャンセルは80%、デザイン完成後のはキャンセルは(企画編集やディレクション業務があった場合は見積+ディレクション費)100%をご請求いたします。

 

※ 領収書は金融機関の振込明細が領収書になりますのでそちらをご利用ください。現金払いの場合のみ、現金受け取り証明の為、領収書を発行いたします。

 

※ お客様から事前にしっかりとした文字原稿・写真原稿・ラフ原稿を準備いただいてご提出いただければ校正提出回数は少なくて済みます。弊社では、ほぼ9割以上のお客様は3校提出までの中でデザイン案提出と簡単な文字修正などの校正提出予定回数内で収まっています。校正提出予定回数を超えた分を事後請求することは稀(まれ)です。

ですが極々稀に、ご自身の事業やプロジェクトの説明が出来ない、原稿内容を作成できず提出出来ない、その相談とカウンセリングや傾聴、激励や草案作成などの無しくずに的に発生する無料コンサルティングや企画や事業内容の作成にいたる場当たり的な企画編集業務に取りかからなければ話が進まなくなったりするお客様がいます。

その他諸々の施策や準備、その検証とそれらを形にした原稿内容作成や、比較検討のためのたたき台作成、その都度の細かな相談や、やりとりなどの、本来お客様が社内企画部などでまとめてくるべき内容の企画編集業務が突如発生し、そこで二の足を踏んでしまって、さらに放置したりして、それらの問題課題解決をしないと先に進められず、仕事もおさめられず、それらの問題解決に多大な時間や労力がかかり、極端にディレクションや校正提出回数が増えるようなお客様が、実際極々稀に本当にいらっしゃいます。

文字原稿提出してもらうだけで半年間やりとりをしたり、依頼しておいて半年〜1年放置したり、名刺原稿提出のやりとりだけで2ヶ月かかったりするようなお客様も実際現実としていらっしゃいました。

ですので、あえて回数と制作請負期間を設定させていただいていますが、(そういうお客様に限って、お知らせするこの規約ページや見積書の規約の要約はいっさい読まずに見積りと違う、言ってよ、とか請け負う立場の人の労働について一切配慮のない都合のいい事だけを後から言い出します。)通常の普通のお客様との制作での軽微なお直しなどは特に厳しくチェックしてカウントしたりはしておりませんのでご安心ください。

 

※ この制作規定・約款は、予告なく変更する場合がございます。

上記内容を必ずお読みいただき、ご理解くださいますようお願いいたします。

確認いたしましたので同意いたします。

メモ: * は入力必須項目です